アナログな給与管理がデジタル化して思ったこと

私が勤務している会社は

● 34歳 : 男性の話
私が勤務している会社は、創業からかなりの年数が経過した、年季の入った会社です。
基盤がしっかりしているなど良い面もありますが、体質・考え方が古く、社内のシステム面に対する投資を全くしないことは、従業員の悩みの種になっています。
特に給与関係の処理が、昔ながらの手書き処理を多く含むアナログ要素が強く、事務担当者は給与処理の締切頃になると、残業が当たり前のようになってしまっていました。

昨年、ようやく給与管理ソフトが導入され、一気に事務作業が軽減されました。
給与明細の紙面が廃止され、インターネットを介してダウンロードする形式に変わりました。
データ入力作業も、単価設定などがすべてシステム内に登録されており、あとは日数など簡単な数値を入力するだけという手軽さで、事務担当者はとてもありがたがっています。
会社全体としては、事務作業効率化による残業軽減効果がもっとも大きなメリットだったと感じます。

Copyright (C)2017アナログな給与管理がデジタル化して思ったこと.All rights reserved.