アナログな給与管理がデジタル化して思ったこと

私たちの会社は

● 30歳 : 女性の話
私たちの会社は、月末になると自分でパソコンを使って給料を申請します。昔は手書きだったみたいで、手書きの書面を提出してそれで給料計算されました。
パソコンに変わって手書きで書く手間が省けるのはだいぶ楽になったのですが、デジタル化して良い面もあれば悪い面もあるなと思います。
まずオフィスには給料管理をする専用のパソコンが5台しかないため、月末になると大変混雑します。先輩方をなんとなく雰囲気で優先しないといけないので、私たちみたいなまだ日が浅い社員は後回しになります。決まっているわけではないのですが、暗黙の了解です。

やっと自分の番になったと思っても、時間帯によって、繋がらないときがあります。それは何故かというと、会社が全国にあるので、他の県のオフィスの人たちも給料管理をしているのです。
タイミングが悪いと何回もやり直す羽目になります。いい加減嫌になります。
毎月、運を味方に出来るかで決まります。デジタル化しても効率が悪いこともあります。

Copyright (C)2017アナログな給与管理がデジタル化して思ったこと.All rights reserved.