アナログな給与管理がデジタル化して思ったこと

アナログな給与管理がデジタル化して思ったことは

● 38歳 : 男性の話
アナログな給与管理がデジタル化して思ったことは、月次や年次のデータ管理がしやすくとても便利になったということでした。

アナログな給与管理というと、給料を手計算し、手間のかかる社会保険や所得税などの天引き分を考慮して支給額を求め、従業員それぞれの給与明細に給与の中身を記載して手渡すといった流れになります。何分手計算で行いますので、たまに計算間違いがあったりしました。
また、年末調整も給与管理の中に含まれますが、数年前のその従業員の給与はいくらだったかを探す時など、アナログ管理は大変だなと思いました。

デジタル化と言えば、給与データに関して全てデータで管理しますので、社会保険の保険率や所得税の税率などを最新のデータに更新すれば、アナログよりも楽に給与計算ができて、そのデータがそのままデータ管理の原資として残り、従業員から数年前の源泉徴収票が欲しいと言われたり、当時の給与がいくらかだったりを調べるといったことも、給与管理をデジタル化してとても便利になったと思いました。

Copyright (C)2017アナログな給与管理がデジタル化して思ったこと.All rights reserved.