アナログな給与管理がデジタル化して思ったこと

以前、いわゆるベンチャー企業で働いていたことがあります

● 44歳 : 女性の話
以前、いわゆるベンチャー企業で働いていたことがあります。私自身はフリーで契約をしていたので、自分の行った仕事の分を決められた日程までに報告書として提出し、それをもとに契約している金額をもらうという形だったのですが、何しろベンチャー企業で色々なことが手探りで進んでいたし、急成長していた時期だったので、人も足りなくて様々なところが不備だらけでした。
お給料の計算も経理関係を担当している人が、アナログで計算して一人ひとりに支払うというやり方がしばらく続いていました。

やっと、給料面はデジタル化され、書面での勤務表の提出からデータをメールで送るようになり、給与計算も自動で行われるようになって、痛感したのは、きちんと給料日に銀行にお金が振り込まれていることと、計算間違いがなく報告した通りのお金が支払われるようになったなあということです。

当たり前のことのようですが、アナログの時はやはり色々なトラブルや手違いがしょっちゅうでしたから、給料日に口座にお金がなかったり、自分で支払われた金額をもう一度計算して確認したりするのが当たり前になっていました。
デジタルはさすがだなと妙に感心しました。

オススメワード

  • SSLについて詳しく知りたい方にオススメなのはジオトラスト。

Copyright (C)2017アナログな給与管理がデジタル化して思ったこと.All rights reserved.