アナログな給与管理がデジタル化して思ったこと

アナログな給与管理がデジタル化して思ったことは

● 32歳 : 女性の話
アナログな給与管理がデジタル化して思ったことは、間違いがなくなるので安心して給与を受け取ることができるということです。
今まではアナログな給与管理だったので、給料計算が間違えていることもありました。
給料をもらってまずすることは、金額が間違っていないか自分で計算する、ということだったのです。

給与管理がデジタル化してから、給料の金額が間違っているということがなくなりました。
間違いがないので、安心して受け取ることができるのです。
今までであれば少ないときは言い出しにくく、大変でした。

しかし今はそのようなストレスがないので、給料日が嬉しく待ち遠しいのです。

またアナログだった頃は給与管理に時間を取られていましたが、今ではデジタル化しているので時間がかかりません。無駄な時間を使うことなく、時間を有効に使う事ができていると感じます。無駄な時間は省いて、時間をかけるべき部分に使うという理にかなった時間の使い方ができているので、給与管理のデジタル化はするべきだと感じます。

Copyright (C)2017アナログな給与管理がデジタル化して思ったこと.All rights reserved.